電話占いが本当に当たる理由とは

占いでは相性を占う事が可能です。そして全ての占い師が相性を数字で出すわけではありませんが、分かりやすいという事で数字で出す占い師も少なくありません。

確かに相性90%です。と言われたら、やった、相性抜群と喜ぶでしょうし、相性100%と言われた日には、これって運命の相手?なんて思っても仕方がない数字ですよね。逆に相性が10%と言われてしまったら、相性が悪いし諦めよう・・・・と思うかもしれません。

確かに数字にする事で、相性が全体のどれぐらいに該当するのかイメージがしやすくなりました。しかしこんな結果になったらどうしますか?好きな人との相性が50%だった、これって相性がいいの悪いの?努力をすればいいのか、それとも諦めればいいのか判断に迷うところです。

実際に50%とは判断が分かれるとことなのです。例えばコップに半分の水が残っています。それを見て、まだコップに半分の水が残っていると考えるのか、それとももうコップに半分の水しか残っていないと考えるのか?あなたはどっちですか?

もしまだ半分も残っていると考えられる人はプラス思考の持ち主です。そんな人なら50%も相性がいいと考えられるので、50%でも上手くやれるでしょう。逆に半分しかないと考える人はマイナス思考の持ち主です。そんな人は50%なら無理だと、努力をする前に諦めてしまうかもしれません。

そうかと思えば、相性はよくも悪くもない、普通だと過剰に期待をせずにありのまま受け入れる人もいるかもしれませんね。結局占いとは、その占いの結果をどう受け入れるのか、結果だけでなく、その人の性格にも大きく左右するのかもしれません。

何歳で死ぬのか分かる占い

老後について不安を抱えている人は多いでしょう。老後の不安の多くは健康とお金です。介護が必要となって、自分の事が自分で出来なくなったらどうしよう。病気で入院して、治療にお金がかかって、老後の資金を使い果たしてしまったら?そもそもちゃんと年金が支給されるの・・・・などなど。

不安のタネは尽きません。ですが自分が何歳で、何が原因で死ぬのか分かっていたら安心ではないですか?矛盾していると思うかもしれませんし、お医者さんから余命3ヶ月ですなんて言われたら恐怖を覚えるかもしれません。

しかし何も知らずに明日死んでしまうよりも、死ぬための準備が出来る時間がある事はとても意味がある事です。立つ鳥跡を濁さずではありませんが、自分の後始末はやはり人任せではなく、自分で決めたいですよね。

また資産がある人はきちんと遺産について決めておく事が下手な家族の争いを減らす事が出来ます。そんな事をいっても、寿命なんて誰にも予測不可能だ。健康に気遣い長生きすると思っていた人が、交通事故で死んでしまう可能性だってあります。未来は誰にも予測する事は出来ません。

自分と相性のいい先生を探したいときにおすすめなのが、口コミ情報のチェックです。公式サイトだけではわからない先生の特性や傾向を知ることができるので、あとから後悔することもなくなります。

でも四柱推命では、人生とは生まれながらに死ぬ時期も決まっていると考えます。生まれながらにすでに寿命は決まっているから、寿命まで全うするように・・・というわけです。もちろん、四柱推命で何歳で死ぬのか占ってもらっても、的中するのかどうか誰にも分かりません。

ですがもし、自分が死んだら?やり残した事があって後悔すると思うのであれば、今出来る事をするべきですよね。要は死について考える時間も時には必要だという事でしょう。

Menu

TOP